スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer agein (海)


_MG_1226_1-1.jpg


_MG_1236.jpg


_MG_1264.jpg


さて 皆既月食の天体イベントを お伝えした所で
再び Smmer agein 
もう 暑そうなのはいいやあ~とのお声も聞こえてきそうですけど
海岸に立つと 海風は 気持ちよかったですよ~
本土最南端から 見た海で~す
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

赤い月夜 (皆既月食)

今夜は 皆既月食
天体観察会も各地で行われているとの事
けれど 今夜の天気は 曇り予報
朝から 曇り空
夜までに 少しでも晴れるように~と 思っていました。
夕食時間 ネットのお友達からメール
「完全に皆既月食になりましたよ~雲隠れしながら 赤い月が見えます」と 外をみると こちらの空は 雲が厚い・・・
けど よ~くみると 静かに雲の動きが見える
やっぱ 雲が切れるのを待つことにしよう~と 外に飛び出しました。
それにしても 暗い中で 月はどこに~・・・
しばらく うろうろ空を眺めていると
近くの池の傍で なにやら ぼんやり 赤いものが見える
よし ここで~と 暗い夜空を眺めながら~スタンバイ。
途中 通りがかりのご老人に声を掛けられた。
今夜は 無理かなあ~と 声を掛けられたときに
見えました~
「ほらほら~今 見えたでしょ~!」^^
赤い月~本当に赤い~
それから 雲で見え隠れする 赤い月の不思議な夜の空を眺めました。
月の写真はイマイチ自信ないけど
見た証拠を残したい習性~夢中で 撮影していました~
そして 何より 見れて良かった~
今夜は 沢山の人が あの赤い月を 見てたんだろうなあ~


_MG_1331.jpg


ちらっと見えて すぐに隠れてしまいます

_MG_1335.jpg


ピントあわせが難しい~・・・
ピンボケだけど・・・赤いよ~

_MG_1340.jpg


赤い月夜だなあ~^^

_MG_1350_1.jpg


皆既月食は 終わり始めたみたいです~


テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

ありがとう~

さて ついに最終日、最終日は 一路帰国への空の旅です
成都~北京~関西国際空港~この日の目覚めは 遅く 8時半でした。
飛行機の出発まで ホテルで のんびり
旅の楽しさの余韻を味わいながら 過ごしました。
大好きな 空 雲 森 美しい水の姿を 見ることが出来て
本当に 幸せな旅でした。
そして 本当に大きな広大な世界に触れて 
ホンの少しですが 心は 広くなった気がします。

そして ほんの少しだけど 広くなった心で見た風景を これからも
撮っていきたいなあ~と 思っています。

~素晴らしい地球に 感謝の 思いを込めて~


旅を通じて感じた思いを こんな言葉でまとめてみました・・・^^;


~私は 一枚の木の葉ですか?
 一滴の水でしょうか?
あなたは 白く浮かぶ雲でしょうか?
       一粒の土でしょうか?
              吹き抜ける風でしょうか?
いいえ 私達は
それら 全ての自然の恵みを受け 試練を与えられて
その美しさを感じ 驚異を忘れることなく  
自然を守る 心を 与えられて 生を受けた 旅人なのです~


sky8.jpg


k24.jpg


k30.jpg


k31.jpg


k7.jpg


sky5.jpg



(CONTAX T2 RVP100使用)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

この世の仙境~黄龍

さて いよいよ旅の最終日~黄龍です。
旅も四日目 高山にも少し慣れてきたみたいです。
今日は いよいよ さらに高い 黄竜のハイキングです。
朝 5時半にモーニングコール 出発7時 けっして 普段よりは
早起きでは ありませんが 前日の歩きと景色に興奮して 話し込んでいるうちに 朝でした!夢のような風景を見て 夢心地の中に 滑り込んでいたんですね^^
でも 昨日より さらに上に行くので いささか 緊張気味
ロープウェイに乗り込んで 標高3600mで降りました。
これから 約4時間の黄竜ハイキング出発です。
酸素ボンベが配られました。黄竜は 標高3100~3600mの高山です。あわてづ 止まらず一定のペースを整えながら 時々酸素を吸引しながら 歩きました。
初めは 美しい新緑と高山植物が咲く森が続きます。
そして その森がいっきに開けてきた所に出ます。
黄龍です。
見た瞬間これが~~あの「人間揺池~(この世の仙境)といわれる黄龍なのだ~~って!
黄龍は 白や黄色の石灰岩からなる3000以上の棚田上に池が連なっています。木道で整備されその両側に蓮の葉のような形の池が続いています。
またまた その形状といい 水の色のいいようのない色彩に ほんとうに びっくりしました。

kr1.jpg


kr3.jpg


kr5.jpg


(CONTAX T2 RVP)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

九寨溝 水の美しさは・・・

九寨溝の数々の湖、そして森を通り抜けました。
そして 小さな木、大きな木の中を駆け巡る流れに出会いました。
珍珠灘、珍珠滝瀑布(幅310m、落差40m)
水の飛沫が真珠のように白い事からその名が付きました。

その流れの上を木道が作られ歩いて行きました。
それにしても 広さ 流れの速さ、そして 流れの中のある木々
どこか 日本の上高地を思い出されましたが・・・^^
でも これほどの流れの速さ、滝の大きさを思っても
今 思い出されるのは さらさらと軽快な音です。
とても 静かな響きです。
ここには 普段みる日本の滝にあるような 滝つぼ、 淵 というのが見かけられないことに どどっ~~っ!という音が聞こえなかった事に
写真を見ながら 今 気が付きました。
そうかあ~この水は 広大な森を走る水だったんだな~と。
これが 九寨溝の水の美しさの秘密なんだなあ~と
水と森が一つになっているからなんだなあ~と・・・。

k19.jpg


k23.jpg


k15.jpg


k18.jpg


(CONTAX T2 RVP100)

「九寨溝の水がこの上なく透明なのは、「石灰華」と呼ばれる石灰の粒子により、水がろ過されるためである。
一度地下にしみこんだヒマラヤ、チベットなどの雪解け水が、大量の石灰を含み、九寨溝に再び湧き出してくるのである。
もう一つの水の浄化作用は「水の流れる森」であることになる。石灰華の中に植物が根をはり、流れる水の中でも奇跡的に森が育まれる。樹齢300年の檜の根元にさえも清流が走っている。」

_MG_9811.jpg


_MG_9817.jpg


_MG_9814.jpg


(EOS kiss ND)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

九寨溝~神秘の湖

水面の色は 流れ 光によって 見るたびに 色合いが変化します。
湖底の堆積した枯木、藻、石灰層、あたりの風景
まるで 太古から今に至る時間の全てを含みこみながら
造りだされる大自然の壮大なプリズムの中にいるようです。

_MG_9770.jpg


_MG_9855.jpg


_MG_9857.jpg


_MG_9858.jpg

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

中国への旅~やっと 着いたよ~九寨溝~

さて 成都観光地を時間の許す限り廻って ついに というか やっと
九寨溝に向いました。
午後一時半過ぎに成都空港から約一時間半 
海抜3300mの九寨黄龍空港 海抜約500mから 一気に高山です。
空港からホテルまで 2500mあたりまで 九寨溝の一部 チベット村々の様子を バスから眺めながら 明日の九寨溝めぐりに備える事にしました。
今回の旅で もっとも 心配だった高山病 一人同行の方が 空港で倒れましたが~一時間後 無事回復 これから 他の人達とも はしゃぎ過ぎないように楽しく旅を続けられますようにしようね~と話合いました。
それにしても バスなんだか 眠い~・・・
ガイドさんの話では~高山病 症状は色々 眠い~おなかがおかしい~のどが渇く トイレが近い~反対に出ない~頭が痛い~
などなど・・・・
これすべて 高山病です!と・・・
今 バスの中で 眠い人~寝てる間に 衰弱するので 景色を見ながら
お隣さんと軽くおしゃべりをしてくださいと・・・
なので 車窓風景を 
「きれい~綺麗~綺麗だね~」と声を出しながら シャッターを切りました。
駆け巡る 湿原の緑と水の色の美しさに浸っているうちに いつの間にか 山の空気に慣れていきました。
そして 明日の九寨溝バス&ハイクに思いをめぐらせました。
楽しみです。


ここからの 撮影は EOSkissDNでの撮影です。
  
_MG_9715.jpg


_MG_9724.jpg


_MG_9725.jpg


_MG_9726.jpg


_MG_9729.jpg

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。