スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園

これは 粟?ヒエ かな?

IMG_5181.JPG.jpg


これは お米の花

IMG_5204.JPG.jpg


どっちも 元気に育ってる~!
暑いんだけど
吹く風は 気持ちが いい~~~!!

IMG_5152.JPG.jpg


IMG_5150.JPG.jpg

スポンサーサイト

ナス畑

夏には 夏野菜
とりたてのナス 焼きナス 油でいためてお味噌をつけて・・
美味しいよね~。
でも 作るのって大変!
いくら 朝とはいえ 暑いよ。
こんな中で ほんと ごくろうさま~!ありがと~!
撮影しただけでも へとへと・・・。

なすの花


なす畑


ナス畑

蓮の花咲く散歩道

ベンチのある蓮畑



先日 唐招提寺の蓮の撮影に出かけた次の日、購読している新聞の記事に 地元の蓮の畑の記事を見た。季節の花の話題など トップページに出ていた。市内の写真愛好家の撮影された投稿写真が大きく記事になっていた!
団地の傍の休耕田に地元の農家の方が休耕田に植えて育てて見えるらしい。
さっそく どこにあるのか 車を飛ばして探しに出かけた。
車で約20分、探しにさがして 団地のはずれにその蓮園はあった。
田園と団地の端から続く 遊歩道の途中にあった。
私が 出かけたのは もう 夕方の4時を廻っていた。
写真を撮っていると 「朝 来なきゃ~」と 言われた。近くで 田の草取りの仕事をしていたらしい 通りがかりの農家の叔父さんから声の声がかかった。たしかに 蓮の花は 朝 開き10時ごろには もう閉じてしまう。この叔父さんの話では 朝 6時には もう 散歩する人が結構 行きかうらしい~。

蓮の花というと 写真を撮り始める前と その後では 花に対するイメージも変わっている。
大きな蓮園の蓮、お寺の蓮、そして 地元の散歩道の蓮、場所や環境に影響を受けやすい性質なので この地元で 初めて撮る蓮は どんなイメージで 撮れるのか 自分でも 解らない。
夏になると 仏事などでは 身近だった造花や絵の中の蓮の花が これだけ 近くで実際の蓮の花の咲く散歩道を歩けるのは 大げさだけど 記念的な出来事でした。
蓮の散歩道には 古くなったベンチも置かれて ここを散歩する人達は 散歩の途中に咲く 美しい蓮の花を眺められるように置かれているようで この花を育てた人の気持ちが嬉しく感じられた。

是非 朝の清清しい空気の中を 散歩する人達とともに 夏の朝を散歩しがてら また 来ようと思った。

人生の贈り物

今日 今さっき 本棚を片付けようと ふと 手に取った本
いつ買ったのか?誰が買ってきたのか 解らないけれど
何気に 手にとって 読んでみた。
「人生の贈り物(The Precious Present)」扶桑社
スペンサージョンソン
絵本のような 本で 読み始めたら どんどん読み進んでいった。
少年が 老人から「かけがえのないプレゼント」の話を聞きます。
それを 貰った人は いつまでも 幸せでいられる不思議なプレゼント。
少年は かけがえのないプレゼントを探す旅が始まります(本の帯より)
読み始めて 私も 主人公の少年と一緒に探し始めました。
今日の私には この本を最後まで 読み薦めないと その答えを思い起こせないような事でした。
自分が 芳しくなかった過去を降りかえって 悔やんでみたり 不安定な未来を予想して 諦めてみたりしていることが 多かった気がします。
ただ 写真を撮ってると 今を大事にするということって 結構 身についた感覚だと思っていたのに さっきまでの時間 簡単に答えを出せない精神状態だったんだな~と そんな自分自身に気づかされました。
「The Precious Present」解りきっているようで 忘れそうな大事な事
今日の私が 何気に手に取った本の中に こんな素敵な言葉に出会えて 良かったなあ~と 久々に本を手にした自分に感謝(笑)
そして 人生とは 今を生きること しかも 死の時が来るまで終わりのない物語なのかも・・・
なんだか 俄然元気が 出てきたよ~!!ファルコ~~ン(爆)

IMG_4034.JPG.jpg

カンナの葉


今朝 梅雨の中休み
外に出ると 少し 蒸し暑いが やっぱり夏の気配。
折角だから 夏探しに 少し歩いてみた。
カンナの苗が ぐ~~んと伸びている。
夏って 感じだよね~。
IMG_4812.JPG.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。