スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮田は 続くよ どこまでも!

昨日は 蓮の花の撮影に愛知県立田村に行って来ました。
森川ふれあいの里、木曽川を渡って 船頭平記念公園、赤蓮保存田を廻りました。
木曽川、揖斐川流域に広がる蓮田 全国でも有数のレンコン畑が広がっていました。
蓮の花も沢山 咲いていましたが、印象は 蓮の葉っぱが風にわさわさ~と 大きく揺れる蓮の葉の波でした。
とにかく おおらか~~~!
その大きな大きな蓮の葉波の中で 雨蛙や蛙、トンボと 戯れて 過ごした1日でした。


この日は 朝 出かける時は雨 到着すると 雨 時々曇り、雨が降ると 蓮の葉っぱに 落ちる雨の音に驚きましたが、本降りになると きっと 太鼓をたたいたように 凄い音になるんだろうなあ~と・・・。
持っていた 傘は 時には雨傘、のち 日傘にしながら 
とにかく どこを走っても続く 広ろ~~い蓮田のある 
立田村の夏を楽しんできました。
少し 早い 夏休みが来たようでした^^
これで 宿題できた!とは いきませんが・・・

IMG_3450.jpg


是非 撮ってみたかった 花びらの小舟~
宿題は~・・流れのあるところを 探さなきゃ~^^ですね

IMG_3538.jpg


IMG_3453.jpg


IMG_3491.jpg


IMG_3537.jpg


昼前 少し 晴れ間が 見えました。
あつ~~い!!


IMG_3553.jpg


不思議~稲の中に 蓮の葉が~
田植えをした時に 掘り起こされなかったんですね~
考えてみると~レンコンは 稲が 植えられる~ず~~っと 奥から
芽生えてきたんですよね~
この光景は~・・・レンコン畑の広がる ここならではの光景なだなあ~と思います。
近づきすぎて 落ちないように~と 声を掛けられました~
・・・落ちたら~ね~それは 大変でしょう~^^

今回の立田村は ネットに遊びにきてくれる「ふくふくさん」と
四日市のフォトサークルはづの代表Oさんと四日市で 合流して
立田での ミニオフ会になりました。
ふくふくさん Oさん
早朝から 雨の中 暑さの中 お疲れさまでした。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

こんばんは

カエルと空バックの写真がいいですね
蝶々と蜻蛉は撮影したことがありますが
カエルはまだないですね、かわいい感じがgood

空バックもなかなかいいですね、
撮影場所によるでしょうが
色がすごくはっきりと、
くっきりとしているところが
印象的ですね、

蓮はほとんど流れのある場所には咲いていませんよね
フォトコンなどで見る、
そういう写真は「かなり特定な場所」だと
私は思っていますが。

静止状態の静かさを表現するのも
良い物だと思いますよ。

おはようございます!
コメント ありがとうございます!

ここは 田んぼの中なので カエルは沢山 いました。
ウシガエルの鳴き声も聞こえるし おたまじゃくしも沢山いました。
稲田がレンコン田に変わってはいますが
子供の頃 田んぼであそんだ感覚が 蘇って 見つけては
撮るのが とても 楽しかったです^^

この日は 雨がふったりやんだりの日でしたが 帰り際に 雲の切れ間の少しの青空が綺麗だなあ~と思いました。
蓮と青い空って やはり 似合いますよね。
それからの暑さったらなかったですけど・・・^^

今まで見た蓮の池では あまり見かけませんので
これはこれで 良かったですか?
ここで 水草が緑の鏡のように びっしりあるのは
とても 綺麗だなあ~と思いました。
そういっていただけて 嬉しいです。

その特別な写真 道の駅に 展示してありました。
あのような写真を撮るにはレンコン畑で 農家の方が水の調整する時を 探さないとですので やはり 特別な写真なのでしょうね~・・・

そうか、水を引くときか、なるほどね
「風景写真」とかでも見たことあるけど、
どうして水の流れがあるのか不思議でしたね。
そんな所に蓮は咲かないしね、
「自分で水面を混ぜて動かして撮ってるんとちゃうか」
というおじさんもいたしで、
「風景写真」クラスがそんなやらせ写真は掲載しないと
思うしね、謎が解けました、thank you

夏場の大雨の後には水量を調整すると思うけど、
そんな時は、狙い目かもしれませんが、
後は直接、農家に方に訪ねるのが一番ですね、

俺みたいなおじさんに聞かれるよりは
丁寧に受け答えしてもらえるでしょう!

「おはようございます、御邪魔しています」と
なるべく、
大きな声で挨拶するようにはしてはいますけどね
返事が返ってくるのは人によりますね。

P.S.
著作権表示について
スペルが間違っているので、

(C)2003~2006 mーkokage
   Allright reseave
   
Copyright(C) m-kokage 2003-2006 All rights reserved.
(C)基本的にはこのCマークだけで国際的に
意味をなすということ
ですが、国により、
解釈によりなさないとかいう意見もあるようです。

おはようございます!
スペルミス 早速 直しました。
ご指摘ありがとうごございます!
はじかしい~・・・^^;

蓮田の流れ~なぞが 一つ 解けてよかったですう
農家の人がレンコン掘ってるところとかに出えると良さそうですよね~

素晴らしい作品に出会うと どうしたら あんなふうに~
と思うことって いっぱいあって
それを探るのも楽しいですし
撮影には 目に見えないいろんな 出会いや発見 地元の人との交流も出来たら 楽しそうですう
↑みたく ドジも いっぱいありますが・・・(漠)


コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。