スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国への旅~成都・

さて 2日目 朝 パンダ自然公園を見学した後
三国志で 有名な 劉備・諸葛孔明を祀ってある「武侯祠」に行きました。
三国志・・・といっても 歴史の知識もあまりありません。
ただ 井上靖の歴史小説を 両親がよく読んでいて 特に母は 中国の歴史に興味があって 熱心に読んでいたことを思い出しました。
生きていて もし ここに来ていたら 興奮してさぞ 喜んだだろうなあ~とふと思いました。

諸葛孔明は 軍師でありながら 今も多くの人に親しまれ尊敬されているそうです。
武侯祠は 諸葛孔明が王である劉備玄徳と合祀されているのは 珍しく 人々に尊敬されている証ともいえるそうです。
三国志にさほど 興味はありませんでしたが  
武侯祠の緑に包まれ静かで 整然とした佇まいの中を散策は とても 穏やかで落ち着いた気分になりました。

IMGP0119.jpg


IMGP0133.jpg


IMGP0136.jpg


IMGP0157.jpg


IMGP0144.jpg


IMGP0147.jpg


IMGP0152.jpg


IMGP0156.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

おお~、カッコイイ写真がいっぱいだぁ。
竹林に赤塀、なかなかおしゃれ。
京都かと思うけど、赤塀が中国って感じ。
最後の一葉の写真もステキ~~

こういう場所は~

中国はどこも 賑やかだなあ~が印象でしたけど ここでは とても 落ち着いた気持ちになりました。
日本の似ていますけど 赤壁と石煉瓦は 中国的かなあ~
この竹林を歩くのは 気持ちよかったですよ~

最後の写真は 私らしいかなあ~
ここに来て ようやく 旅の情緒に浸れるようになってきたのかも・・・
ご一緒した人からは「 何撮ってんの?」って 不思議がられましたけど^^

蓮といい、赤い壁に竹林といい…中国の香りがたっぷりとしますね。
最後の葉っぱがひらりと落ちている場所は、道ですか?
瓦みたいなのが縦に埋まっているよう☆

かわずさん 

中国の史跡は 日本に似てるところもありますが 色彩とかは やはり 中国~って感じでしょうか~
最後の葉っぱは 道の脇です。
瓦の廃材!正解です^^この写真の写ってないところは 瓦の曲線が見えていました。
こういう庭の片隅にも気を配った造りはいいなあ~と思いました~
こういうところは
 日本的かも~ですね^^

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。