スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧に浮かぶ稜線

IMG_6260.JPG.jpg


おとといの夜から 昨日の午後にかけて 雲海の撮影に出かけてきました。
霧や雨の写真は 大好きで 3連休で 夫の休みと言う事もあり 是非 雲海に出会いたいと お誘いにためらいなく 参加させていただきました。




  針インターから 野迫川のポイントまで 真っ暗な山道をくねくねと小雨の中を どんどん山の奥へと進んでいきました。
「とても 一人じゃあ~これない所だね・・・」と 口々に話ながら 道を進めた。
夜9時に家を出て 休憩も入れて 外に三脚セットして 仮眠に入ったのが 2時前くらいだったかな?休み前には 霧がかかっていたものの雨の音で目が覚めた・・・。小ぶりになった頃 何気に外の様子を見に出てくるメンバーの人達。
晴れてたらなあ~星も撮れたかも~などと 話ながら 夜明けを待つことにした。
朝6時前 そろそろ 開けそうなはずだか 光注さず・・・。
しばらくたって また 撮影を始める。そして その繰り返し・・・。
真っ白~~はるかなる山並みは 霧にかすんでいる
けど 写真には 写らないかもしれないけれど 私の目には 見えた。
見えたような気がする 気持ちで 見えたのかも(笑)
ようやく 稜線が見えた頃を見はわかって 雨の装備をしながら 撮影を始めた。雨をかばうのは カメラ・・・。スッピンに濡れた髪も気にしない姿を 知人に見られて(笑)
雨足が激しくなるまで 記念に撮っておくことにした。
こんな撮影行は 初めてだし たとえ ちゃんとした写真にならなくても カメラに収めておきたいと思った。

もう とっくに朝日が差してもいい時間。
陽が差して 射光が入ると さぞかしと 想像しながら
けど 私の 目の前にある 山の稜線は 刻々と変化する霧の中に見え隠れするその姿は 確かな感動を与えてくれた。
最高の一瞬は この場に何度も足を運び ようやく を 撮る事が出来るはず。
いろんな人のお陰でここに来ることができた私には今日のこの霧の風景は 2度と来ない思い出の風景 大事に切り取っておきたいなあ~と思った。
私の心の中に 描かれた野迫川の雲海は ここに何度も足を運んだ方たちの作品のイメージと重なって 目の前にある風景以上の 風景になって心の中に広がった。
そして できるだけ 彼方までと できるだけ絞って撮りました。
カメラを 見せてとリーダーに渡して 見てもらっているうちに いつのまにか ISO設定が800から100に・・・お陰で 画質はまあまあに・・・(笑)
楽しちゃいいものは 撮れないよ~の暗黙の指導かな~(爆)


もう一枚は
ホワイトバランスを白熱灯に・・・
デジ 面白~いの おまけ ですう~。
・・・結構 好きな感じですう~
これを 撮った後に 銀鉛に切り替えて撮影もしました。
成果の程は・・・???

IMG_6273.JPG.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

すごいや~~

野迫川までの道のり遠かったでしょ。(笑)
甚五郎にとってもあの場所はお友達と出会った想い出の場所。
kokageさんも、こころに残るすばらしい景色を切り取られたようでよかったですね。
心の目で、そして頭の中にある気持ちで見えないものまで見えちゃう不思議な不思議な景色。
いくら作品として凄くてもその時の気持ちがいっぱい詰まったそんな想いがある絵が一番好きです。

コメント ありがとうございます。
レス 遅くなってすみませんでした・・・。
明日香にしろ 野迫川にしろ 風景写真って 技術と行動力がいりますね。その時の 運もありますが シャッターチャンスを捉えるには きっと 日頃からの 経験の蓄積の賜物なのでしょうね。
その日見た風景も大切にしたいし・・・この日の残念感は これからの
課題としても 忘れないようにしたいなあ~と思っています~

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールの画像_その4

嘗てドイツの某企業のフォトコンテストに応募したことがありました。写真コンテストに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。