スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮の花咲く散歩道

ベンチのある蓮畑



先日 唐招提寺の蓮の撮影に出かけた次の日、購読している新聞の記事に 地元の蓮の畑の記事を見た。季節の花の話題など トップページに出ていた。市内の写真愛好家の撮影された投稿写真が大きく記事になっていた!
団地の傍の休耕田に地元の農家の方が休耕田に植えて育てて見えるらしい。
さっそく どこにあるのか 車を飛ばして探しに出かけた。
車で約20分、探しにさがして 団地のはずれにその蓮園はあった。
田園と団地の端から続く 遊歩道の途中にあった。
私が 出かけたのは もう 夕方の4時を廻っていた。
写真を撮っていると 「朝 来なきゃ~」と 言われた。近くで 田の草取りの仕事をしていたらしい 通りがかりの農家の叔父さんから声の声がかかった。たしかに 蓮の花は 朝 開き10時ごろには もう閉じてしまう。この叔父さんの話では 朝 6時には もう 散歩する人が結構 行きかうらしい~。

蓮の花というと 写真を撮り始める前と その後では 花に対するイメージも変わっている。
大きな蓮園の蓮、お寺の蓮、そして 地元の散歩道の蓮、場所や環境に影響を受けやすい性質なので この地元で 初めて撮る蓮は どんなイメージで 撮れるのか 自分でも 解らない。
夏になると 仏事などでは 身近だった造花や絵の中の蓮の花が これだけ 近くで実際の蓮の花の咲く散歩道を歩けるのは 大げさだけど 記念的な出来事でした。
蓮の散歩道には 古くなったベンチも置かれて ここを散歩する人達は 散歩の途中に咲く 美しい蓮の花を眺められるように置かれているようで この花を育てた人の気持ちが嬉しく感じられた。

是非 朝の清清しい空気の中を 散歩する人達とともに 夏の朝を散歩しがてら また 来ようと思った。

スポンサーサイト

コメント

足跡です。

夏の朝のお散歩。いいですね。
適度な汗とあのなんとも言えない空気と景色。

それぞれの雰囲気・場所・気持ちのいれようで全く違った絵になるのも事実ですよね。
同じ被写体でも撮る方によってかわっちゃうし、なんと言えばいいのかな~。
難しいけれども、その時の感動と喜びが一番ベストだと思うのです。

そして何よりも記念的な出来事おめでとうございます。

昨日 梅雨明け宣言 朝の散歩が清清しい季節になりましたね。

甚五郎さんのおっしゃる事 良く解りますよ。
お花や景色の一番ベストな時に そこにいるのが最高だし
それを 求めていく努力することも大切なこととは 思いますが
今 そこのある花 そこのいる自分の感動も大切にしたいですね。
そのことを積み重ねていくうちに いつか 最高の時に出会える期待も生まれるように思います。
今の自分に与えられた事を大切にしつつ 
次にいかせるようにしたいですね。
実は これが なかなか 難しいことなのですが・・・。

生まれて初めて 見る蓮の花ですので ホント 大げさですが 感激~!!

甚五郎さん、夏風邪 ひかれたって!
具合の悪い時ですのに コメントありがとうございます。
いよいよ 夏本番 大事にしてくださいね。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。