スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山市内

高山市内観光

<新酒のかおりと屋根の雪とふるい町並み さるぼぼと民芸の町
そして 雪国の人々の心のつながりと温かみを感じられる町でした


「気温上昇によって 屋根の雪が 落ちてくる危険があります。
ご注意下さい。」
町に 落雪注意のアナウンス 気をつけて 御土産のお買い物と散策を楽しみました。

IMG_9031.JPG.jpg


新酒の香りが 漂う 酒屋さん
いっぱいありすぎて どれが いいのか 解らない~・・(笑)
ほとんど 試飲で・・・ごめんさい・・

IMG_9029.JPG.jpg


高山といえば やっぱ さるぼぼ
新しいキャラに 「うさぼぼ」というのも ありました。
そっちも かわいかったよ~

IMG_9052.JPG.jpg


宿から見た 高山市内
冬の高山に来るのは 初めてでした。
また 雪に覆われた市街地を 歩くのも初めて 転んだり 滑ったりしないように 靴に スノーストッパーを 用意していましたが(氷点下の森では 大活躍)この日は 小春日和 道路や歩道には ほとんど雪がありませんでした。
高速を降りて バスの車窓風景には 屋根に雪の積もった家々を 眺めながら この町に付きました。
屋根の雪下ろしの終わった所は 屋根の途中から 積もった雪の高さが違います。全部 下ろしてしまうと 滑って危険だからだそうです。
雪下ろしの なるほど発見話でした。玄関へのアプローチにも 人の出入りがしやすいように 市民の皆さんが朝早くから ご近所どうし声を掛け合って 作業をするそうです。「雪またじ」高山市の市民運動だそうです。
私たちが こんな風に 気楽に楽しめるのも そんな市民の方のお陰なんだなあ~と思いました。
市内は お天気もよく 屋根の雪を 眺めながら 懐かしい町並み散策は とても たのしかったです。
と ふと 流れてくるパトロールの声
気温の上昇によって 屋根の雪の落下事故の危険を 市民や観光客に 注意を呼びかけていました。

この日は ほとんど 道路に雪はありませんでしたが
足元にも 頭上にも 注意を払いながらの雪国の暮らしって 大変だなあ~と 思いました。
そして この美しい伝統的な町をたのしく散策できるのは この町の人達の 目に見えない 日々の暮らしの工夫と努力のお陰なんだなあ~と
思うと この町が ますます 好きになりました。


スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。